コンテンツへスキップ

貧血にも良いとされる蜆(しじみ)
しじみは、貧血気味の方にも良いとされている食べ物のひとつです。貧血症状のある女性は少なくないので、日頃から鉄分を意識的に摂取しているという方も多いでしょう。鉄分を効率的にとることができる食べ物といえば、レバーです。しかし、レバーは独特の味わいであることから、なかなか習慣的に食べることができないという方もいます。

そこで、このところ習慣的に食べられるようになった食べ物というのが、ほうれん草です。ほうれん草はレバーと違って独特な臭みもなく、好き嫌いのある方でも比較的食べ易い野菜のひとつです。鉄分を豊富に含むほうれん草が日常的に食べられるようになった背景として、スムージーの流行が考えられます。スムージーを朝食代わりに飲んでいるという、お洒落な女性も多いです。スムージーにほうれん草を入れると全体的に味が締まって美味しくなるだけでなく、鉄分をはじめとするミネラルやビタミンがたっぷり含まれているので、ほうれん草をスムージーに必ず入れるという方もいます。

しかし、ほうれん草の鉄分というのは「非ヘム鉄」というもので、吸収の悪い鉄分であると言われています。もちろん、全く食べないよりは食べる方が鉄分を摂取できるのは間違いありませんが、できることなら貧血気味の方はより多くの鉄分を摂取したいところです。そんな時にぴったりな食べ物が、しじみです。しじみに含まれている鉄分は「ヘム鉄」と言い、吸収率が良いのです。更に、血を作ってくれるビタミンB12と葉酸も多く含まれているので、貧血気味の方にはうってつけの食べ物です。ほうれん草などの鉄分が豊富な食べ物も採り入れながら、習慣的にしじみを食べることによって、貧血を改善していくことができるようになります。しじみのお味噌汁を毎朝摂るようにするだけでも、鉄分を沢山を摂取することができるので、意識的に取り入れるようにしましょう。

しじみが体に良いと言われる理由
食べる習慣をつけた方が良いと言われ、体に良いとされている食べ物のひとつがしじみです。しじみが体に良いと言われる理由として、沢山の栄養が含まれていることが挙げられます。しじみに含まれている栄養素の中でも、特に6つの栄養素が着目されています。

まず1つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12は、中枢神経や脂肪の代謝に欠かせない、大切な働きをします。もしビタミンB12が足りなくなってしまうと、悪性貧血や神経障害が引き起こされてしまうことがあります。しかし、ビタミンB12は野菜などの植物性の食べ物には含まれていません。そのため、しじみを習慣的に食べるようにすることで、不足を補うことができます。

2つ目はアミノ酸です。しじみには、体内で生成することのできない必須アミノ酸をはじめ、さまざまな種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の指標となるアミノ酸スコアに関しては、100点満点中100点という高い点数を叩き出しています。

3つ目はカルシウムです。カルシウムには、骨や歯を生成する働きがあるだけでなく、筋肉の成長や神経の働きを調整する役割があります。カルシウムが不足してしまうと、骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆症の原因となってしまいます。

4つ目は鉄分です。鉄分は、血液中で酸素を運搬することにより、細胞が呼吸するための大切な働きをしています。汗をかくことで鉄分は失われるため、意識的に摂取するようにしなければなりません。

5つ目はビタミンEです。ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞が酸化してしまうと、化の原因になると言われています。さらにビタミンEが不足すると、体内の生命維持活動が正常に機能しなくなってしまいます。

最後の6つ目はビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞の成長を促すは働きがあります。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで、皮膚や髪の毛の生成を活発にすることができます。

しじみを食べて免疫力をアップ
しじみが持つ栄養成分には、様々な効能があります。その中でも、よく着目される効能は「免疫力のアップ」です。しじみに含まれているオルニチンは、マクロファージを活性化させる働きがあります。そもそもマクロファージとは、免疫細胞のことです。体の中に入ってきたウイルスや細菌などを、体の外へと排出してくれる働きがあります。マクロファージが活性化すると免疫力が上がり、風邪などの病気になりにくい体を保つことができるようになります。

ところが肝臓がダメージを受けると、マクロファージは本来の力を発揮できなくなってしまいます。なぜなら、肝臓というのは、体にとって不要なものを分解するための働きをしているからです。その肝臓がダメージを受けて正常な働きができなくなってしまうと、体にとって不要なものが分解されないので、体のその他の機能に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。アルコールを大量に摂取したり、コレステロールを大量に摂取したりすることによって、肝臓はダメージを受けるのです。

そこで大活躍するのが、しじみの成分です。しじみを食べてマクロファージを活性化させると、肝臓の機能を正常な状態へと戻していくことができます。肝臓の機能が本来あるべき正常な状態に戻ると、体のその他の機能も正常に働くようになるので、免疫力がアップします。

人の体の免疫力を保つためには、肝臓の機能をいかに保っておくかがポイントです。そのため、日常的にアルコールを大量に摂取する機会のある方は、普段アルコールを飲まない方よりも免疫力が低い状態であるということが言えます。したがって、飲酒が習慣になっているという方は、しじみも同じように習慣的に摂取した方が良いと思います。特にアルコールを摂取しないという方も、しじみを食べてマクロファージを活性化させるとより強い体になることができるので、しじみは、どうしても体調を崩すことができないという方にはおすすめの食べ物です。

骨の成長を助けるしじみ
人が生命維持活動をする上で、カルシウムはなくてはならない栄養のひとつです。例えば、心臓をはじめとする様々な器官が正常に機能するためには、カルシウムが必要です。しかし、そのカルシウムが不足してしまうと、内臓の機能が低下してしまいます。そこで人間の体は、生命を維持させるために、カルシウムが蓄積されている骨からカルシウムを溶かして、内臓へと運ぶ働きがあります。そうすることで、生命維持活動を正常に機能させることができるのですが、骨に必要なカルシウムが不足してしまうため、骨がスカスカな状態になってしまいます。このことを、一般的に骨粗鬆症といいます。骨粗鬆症になってしまうと、骨が折れやすくなってしまうだけでなく、折れた後の骨が元通りになりにくくなってしまいます。そのため、寝たきりの生活になってしまうことが多く、結果的に正常な生命維持活動ができなくなってしまうのです。

日本人の食生活は、カルシウムが不足しがちであると言われています。それは、カルシウムが豊富に含まれている乳製品をとりいれた食事が少ないからです。また、カルシウムを体内にどんどん蓄積していくことができるのは、10代の間だけであるとされています。学校の給食でよく牛乳が出されるのも、そのためです。20代からはカルシウムを蓄積していくことがほとんどできず、減っていくばかりなので、日常的にカルシウムを摂取することが大切です。

しじみには多量のカルシウムが含まれています。貝類の中ではトップクラスを誇る含有量で、100グラムあたりに含まれているカルシウムの量は、いわしと同じくらいであると言われています。しじみを習慣的に摂取するためには、お味噌汁で食べるというのが一般的です。砂抜きを毎回行うのが面倒であれば、一気に多くの量を砂抜きした後に、冷凍保存しておくという方法があります。冷凍保存しておけば、食べたい分だけ小分けにして使うことができるので、毎日の食卓にしじみを並べる場合には大変便利です。

肝臓の働きを助けてくれるしじみ
しじみは、肝臓の働きを助けてくれる食べ物として有名です。普段よくお酒を飲む習慣のある人には、「二日酔いにはしじみ」ということを何となく耳にしたことがある方も少なくないでしょう。これまでに、しじみが持っている力は、特に肝臓にさまざまな良い影響を与えるとされてきました。

まず最初に、体に脂肪が溜まるのを予防する働きがあります。肝臓の10パーセントを超える中性脂肪が溜まってしまうと、いわゆる「脂肪肝」となってしまいます。ひとたび脂肪肝になってしまうと、肝臓本来の機能が低下して、そのままに放置してしまうと「肝硬変」や「肝臓がん」の原因となってしまうのです。しじみには、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用があるので、脂肪肝になりにくくします。

次に、肝臓に入ってくる不要なコレステロールを排出する働きがあります。そもそも肝臓にはコレステロールの量を調整する働きがあるのですが、コレステロールの量が増えすぎてしまうと、余剰分を処理しきれずにかえって肝臓に多大な負担をかけてしまいます。コレステロール値が高めの人がしじみを食べることによって、不要なコレステロールを体外へ排出する流れを促し、肝臓への負担を減らすことができるというわけです。

お酒を飲んでアルコールを摂取した場合だけでなく、美容にとっても良い成分がたっぷり含まれているので、しじみは習慣的に食べるようにしたい食べ物のひとつです。特に、肝臓機能の衰えが心配であるという方は、意識的に毎日の食事の中で取り入れるようにしていくとよいでしょう。

しじみ習慣、初回限定無料サンプル
お酒を飲むと、どうしても脂っこい物を肴に!ということが多いでしょうし、最後にシメのラーメン! というのは定番です。 しかし、考えてみればものすごいカロリー摂取です。それだけ肝臓に負担がかかってしまうのは当然です。
それに、日常的にお酒を飲む方にはγ―GTPやGOTの数値を気にしている方も多いでしょう。しかし、依存症をまでは行かないまでも平均値よりかなり高い方ほど、アルコールを控えようにも控えられないということがあるようです。適度に飲むお酒は身体にも良いのですけど、それにかこつけて飲んでしまうという悪循環に陥っていることもあるのでは?

疲れやすい・だるいといった症状だけなのが肝疾患の特徴! だからいくら肝機能を気にしているとは言え、ついつい飲み過ぎてしまう。そして、何気なく検査を受けたら肝臓がんに陥っていたなどということもあります。
そうならないためにも、毎日の肝臓のケアが必要なのです。
肝臓に良いとされている食品は数多くありますが、最近注目されているのがしじみです。
味噌汁の具としてもポピュラーなしじみ! どんな効果があるのでしょう?

その前に、肝臓の役割をご存知ですか?胆汁を作って消化を助けたり、栄養素を加工して貯蔵をしたり、毒を解毒したりと多岐に渡ります。
特にアルコールの解毒には相当に負担がかかり、肝臓の細胞を損傷させているのです。
損傷した細胞は修復に必要なタンパク質の合成されることでスムーズに行われますが、そこに必要なのが必修アミノ酸です。
実は、「しじみ」には必修アミノ酸が全てそろっています。しかも低脂肪なので食べ過ぎても肝臓に負担をかける事はありません

それに加えて、肝臓の中でアルコールが分解されてできた強い毒性をもつアセトアルデヒドを解毒する作用のあるタウリンを多く含んでいます。
それ以外にもビタミンB、カロチン、鉄など肝臓をケアする成分がたくさん含まれているから「しじみ」は肝臓をケアするのに最適と言えるでしょう。

また、肝臓ケアばかりではありません。ビタミンB、カロチン、鉄などの栄養素は女性の貧血や更年期障害の改善に役立つことも周知の事実です。さらに、「しじみ」に含まれているアミノ酸の一種であるオルニチン! 成長ホルモンの分泌を促進する効果も期待されていますので健康、美容に気を使う人にとっても嬉しい食品と言えるでしょう
その「しじみ」成分をぎゅっと詰めたのが「しじみ習慣」です。

いくら「しじみ」が健康に良いといわれていても、どこの「しじみ」が使われているかご存じですか? 日本でしじみの産地といえば有名なところで、島根の神西湖・宍道湖、青森の十三湖、三重の桑名等がありますが、国産のしじみって流通量が少なくて、余り市場に出回らない高級品! 質が良く安全性の高いものでなければ、健康食品としての製品化は出来ません。

この「しじみ習慣」の原料となっているのは台湾の花蓮産! この花蓮という場所、
台湾東部に位置する台湾でも有数の観光地。工場も農地もない手付かずの大自然がそのまま残され、キレイな湧水に恵まれた場所。そんなところで育てられた黄金しじみを使っています。
貝類は大量の水を吸い込んで育つために水中の汚染物質が蓄積されやすいのですが、排水や農薬とは全く無縁の場所で育った黄金しじみですから安全性は折り紙つきです。
そんなしじみを採れたての状態で煮だしてエキスを抽出し、乾燥して粉末に加工。
それをオリーブオイルとサフラワーオイルでペーストにしてカプセルに閉じ込めたのが「しじみ習慣」です。

「しじみ習慣」は食品です。飲んですぐに効果を感じられるものではありませんが、健康保持や体質改善のため、継続的に摂り続けることで徐々に体に変化が出て来るのです。
毎日を健康で元気に過ごすためにも、初回限定無料サンプルで「しじみ習慣」始めてみませんか?

しじみ習慣の商品詳細はこちら

砂糖とオリゴ糖の違い
オリゴ糖と砂糖は共に糖に分類される成分ではあるものの、違いが多くあります。砂糖は調味料の名前で、正確にはショ糖というのですが、このショ糖はオリゴ糖の一種です。オリゴ糖はショ糖のように特定の成分を指した言葉ではなく、糖類の中の少糖類の別の言い方です。ただ、オリゴ糖には狭義の意味と広義の意味があって、広義では先に書いたように少糖類を指しています。それに対して狭義、一般的に認識されているオリゴ糖は少糖類の中の三糖類や四糖類、六糖類を指していると考えてよいでしょう。

ショ糖は二糖類に分類される少糖類なので厳密にはオリゴ糖なのですが、一般的にはオリゴ糖とは認識されていません。オリゴ糖は腸などによいと言われていますが、これは狭義の意味でのことと考えてください。以下は砂糖は甘みが強く、一般的なオリゴ糖は甘みが抑えられていますが、体内に入ってからの働きも大きく異なります。砂糖はエネルギー源として使われる成分なので、体内でも非常に人気があると考えてよいでしょう。そのため、消化の過程ですぐに使われて行くので、腸内の善玉菌が砂糖を使うことはほとんどありません。

それに対して一般的なオリゴ糖は悪い言い方をすればあまり人気はなく、腸内細菌のほとんどはオリゴ糖を利用しないのが特徴です。しかし、ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物なので、他の菌に使われずにビフィズス菌に働きかけられます。これがオリゴ糖が腸内の改善に役立つ理由ですが、一般的に販売されているシロップではあまり効果(栄養補給や健康増進を目的とした表現、以下同じ)はありません。こちらには砂糖や人工甘味料が多く含まれています。そのため、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖等のようにオリゴ糖の効果を活かした健康食品が有効です。オリゴ糖の中には体内のビフィズス菌のほぼ全種類をカバーするようなものがあるので、腸内の環境を整える効果が期待できます。

オリゴ糖を使うなら、変化を付けるのが重要
オリゴ糖を飲んでいても効果がない、そのような人も出て来るでしょう。オリゴ糖を継続的に使うと便秘などの改善が期待されるのですが、逆に使い続けていると途端に元に戻ってしまうケースがあります。これは、別にオリゴ糖に問題があるわけではなく、腸内環境停滞期と呼ばれる状態です。オリゴ糖を多く含んだものを摂取していると、人によってはこの腸内環境停滞期が訪れます。

全ての人に起こるわけではないのですが、腸内環境停滞期が訪れるかどうかを事前に知ることは難しいでしょう。この腸内環境停滞期が起こると、悪玉菌の方が力を付けてしまうので、オリゴ糖を飲む前の状態に逆戻りしてしまいます。そのメカニズムですが、オリゴ糖を多く含んだ製品により腸内のビフィズス菌が活発に働いて便秘が改善されるのが基本的な状態です。ところが、人によってはこの善玉菌の活性化に連動するように悪玉菌の方が耐性を付けて行きます。

そのため、一時的に劣勢だった悪玉菌がパワーアップして善玉菌を減らしていき、結果的に善玉菌が増える前の状態に戻る、これが腸内環境停滞期です。この状態になると、オリゴ糖を飲み続けても悪玉菌の力が強いので、効果が著しく落ちます。しかし、悪玉菌の方の強さはずっと続くものではありませんので、十分に対処が可能です。3日間ほどオリゴ糖を飲む量を減らす、これだけで悪玉菌の方は善玉菌の力が弱まったと勘違いするので、それから元の量に戻すことで以前のように善玉菌を増やせます。

悪玉菌がパワーアップする原因は腸内環境への適応、要は慣れですので、オリゴ糖を同じ時間帯に、同じ使い方で飲んでいると腸内環境停滞期が訪れやすいでしょう。例えば、毎朝ココアに一定のオリゴ糖を入れて飲んでいる、このようなケースは悪玉菌が慣れを起こしやすい状態です。そのため、オリゴ糖を使うなら時間帯を変えてみる、入れるものを変えてみるなど変化を付けるのが有効です。

オリゴ糖は乳幼児や妊婦でも飲める製品
オリゴ糖は使いやすい健康食品です。薬ではありませんので、乳幼児から妊婦の人、高齢者の人まであらゆる人が飲めるのが魅力です。子供の場合は量を減らす必要がありますが、計量スプーンで調節も容易です。妊婦や授乳中の人が使っても大丈夫ですが、心配な人はかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。妊娠中は便秘の状態になりやすく、特に妊娠初期はホルモンバランスの変化やストレスから便秘を発症しやすい状態です。そのため、妊娠中に便秘で悩まされているなら、オリゴ糖の力を借りてみてください。

オリゴ糖を含んでいるので、最も不安に感じるのは糖尿病の人ではないでしょうか。糖尿病の人にとって糖分は避けるべきものなので、オリゴ糖は危険なものではないかと疑っても不思議ではありません。まず、糖尿病の人にとって指標となるのが血糖値の上昇率を表しているGI値であり、砂糖のGI値は110です。黒糖や99、蜂蜜は85、メープルシロップは73と砂糖と比べるとやや低いものの、それでもかなり高めの数字なのは否めません。

オリゴ糖のGI値は10とかなり低く、体に対してそれほど負担をかけない健康食品です。もっとも、糖尿病の人にとって全く無害というわけではありませんので医師への相談は必要ですが、甘味に分類される製品の中では飲みやすい部類に入ります。糖尿病の合併症の1つに神経障害があり、こちらのせいで自律神経の働きに問題が出てくると便秘に繋がってしまうでしょう。そのため、オリゴ糖を試してみるという選択肢は有用なので、医師と相談した上で試してください。

基本的に安全なのがオリゴ糖ですが、飲み過ぎると下痢などの弊害が出てきますので、用法用量はしっかり守る必要があります。飲み過ぎても一時的にお腹がゆるくなる程度で済みますが、スプーン1杯当たりに11キロカロリーが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。

まとめ
便秘…..とても嫌なものですよね! いつもお腹が張って、お肌は荒れて、食欲まで湧かなくなってしまう。
なんとも言えない違和感がついてまわるのは困り物です。便秘になってしまったら、あなたはどうしますか?
確かに、便秘を改善させるために食生活の改善や適度な運動をすることはとても大切なことです。しかし、それでも改善しない場合、便秘薬を使う人も多いのでは?

便秘薬が排便を促すのは、薬が腸に刺激を与えたり、あるいは便を柔らかくする作用を薬を使って起こしているので、決して、身体の自然の作用ではありません。
そのために、長期的に服用すると薬なしでは自然な排便ができなくなってしまいますし、また、腹痛や吐き気、下痢、食欲不振といった副作用を伴うこともありますので、結果的に便秘を完治させる事は出来ません。

では、辛い便秘から副作用なく緩和させていくにはどうしたらよいでしょう?
結局のところ、便秘の解消には腸内環境を整えることが1番なのです。
便秘の状態になっているのは、腸内の悪玉菌が偏った食事・運動不足・ストレス・ホルモンバランスの乱れで増えすぎていることが原因なので、善玉菌と悪玉菌の割合を正常に戻す必要があります。
勿論、先に上げたように食生活の改善、適度な運動を続けながらもサプリメントを使ってみるのも一つの手です。

最近、便秘解消に注目を浴びているのがオリゴ糖です。
このオリゴ糖の特徴は、なんといっても腸に届くまでに、消化されにくいということです。

何故、このオリゴ糖だけが他の糖と異なって腸に届くのでしょう?
一言で、糖と言ってもたくさん種類があるのはご存じですか?「ショ糖」「ブドウ糖」「果糖」等など、糖の最小単位を「単糖」と言うのですけど、この単糖が3個から10個集まって出来たものが「オリゴ糖」と呼ばれているのです。
複数の糖分が結びついてできているので、単体構造の他の糖分と異なり、消化されにくいという性質を持っているのです。

何故、腸に糖が届くことが便秘に良い効果をもたらすか?といえば、腸内の善玉菌が、オリゴ糖をエサにすることによって身体にとって有効な、短鎖脂肪酸(SCFA)やビタミンB群等の物質を産生し、必須ミネラルの吸収を促します。善玉菌が増えることによって、悪玉菌が減り、結果として腸内環境が正常に戻り、便秘の解消に繋がります。

では、何故、オリゴ糖が善玉菌のエサになるのでしょう?これにはしっかりした理由があります。
そもそもオリゴ糖が発見されたのは「乳児の健康状態は粉ミルクより母乳で育った方が腸トラブルを起こしにくい」事から、乳児の腸内細菌を調べたところ母乳の中に善玉菌の一つであるビフィズス菌を増やす因子となっているオリゴ糖の存在が発見されたのです。
そのため、現在販売されている粉ミルクにはオリゴ糖が配合されるようになったのです。

オリゴ糖そのものはドラッグストアでも販売されていますが、シロップ状であったり、天然成分以外のものが含まれていることが多く、通常は30%程しかオリゴ糖しか含まれていません。不純物ばかりのものでは効果も薄いでしょうし、安全性にも疑問が残りますよね。

ではおすすめのサプリメントは何でしょうか?
ズバリ、「カイテキオリゴ」です。 これは天然オリゴ糖のサプリメントです。
カイテキオリゴは北海道産のてん菜から抽出したオリゴ糖に牛乳や樹木を主原料にした天然素材100%のために、安全性は問題が全くありません。
勿論、薬ではなく食品ですから、すぐに即効性を求めても期待はずれに終わるでしょう。

毎日少しづつ続けることが効果を感じる最大の秘訣です。ただ、そのまま飲んでも決して美味しいものではありません。糖といっても砂糖のような甘さはありませんので、ヨーグルトに混ぜたり、フルーツにふりかけて食べたりするのが良いと思います。また、カロリーも低くて、5gで、10キロカロリー程度、1日15グラムのカイテキオリゴを摂取して、便秘からサヨナラしましょう。

毎日スッキリな生活!!

パソコンやスマホが日常生活の中で当たり前の様に使われるようになった現代。大変に便利になりましたよね。しかし、その代償に、それらを使って疲れを訴えている人が、何と90%に上るというデータも出てきます。

そもそも、人間が様々な情報を入手する際、視覚での情報獲得の割合は実に8割を超えると言われています。 勿論、パソコンスマホのみならず、テレビやDVD 書籍など、目から入る情報に満ちあふれていますから、ほぼ日常的に目を酷使している事になります。

目が疲れ、目の奥の痛みや、目のかすみ、異物感などを感じても十分な睡眠をとることで疲労がとれるならそれは単なる疲れ目です。
しかし、休息しても疲れが取れなかったり、また頭痛や肩こりなどの症状が出るとしたら
それは眼精疲労です。更にそれが悪化すると自律神経にも悪影響を及ぼすと言われていますので要注意です。

眼精疲労の原因は目の酷使であることが明らかですから、日常生活の中で予防を心がければ、軽減できることは間違いありません。
よく言われていることが、パソコンなどは1時間毎に10分程度の休みを取る、とか、本を読むときは明るさに気をつける、椅子には正しい姿勢で座り、ディスプレイに目を近づけ過ぎない等などです。

しかしながら、いくら気をつけていても、十分に対策が取れないことってよくあると思います。

そうした時に是非共お世話になりたいのが眼精疲労を緩和するサプリメントです。



目の疲れ、眼精疲労に効果のある食品として有名なのがブルーベリーですね!
視細胞の中には「ロドプシン」という物質があります。このロドプシンが網膜の中に履いてきた光を電気信号に変え、脳へ伝達することで目が見えるのですが、目が疲れると「ロドプシン」が減ってくるため目が見えにくくなるのです。
ブルーベリーには「アントシアニン」という物質にはロドプシンを再合成する力があるために目の疲れに効果があるとされています。

ですから、ブルーベリーが使われた眼精疲労用のサプリメントがたくさんでているのはご存じのとおりです。

しかし、目の疲労回復に更に効果のあるサプリメントがあるのをご存じですか?
それが「アスタブライト」です。

「アスタブライト」はアスタキサンチン、マキベリー、主な原材料として作られています。
どれも余り聞き慣れないものですね!
アスタキサンチンは鮭、カニ、エビに含まれていて、抗酸化力がビタミンCの100倍とも言われています。抗酸化力が目に効く成分はβカロチン、ビタミンと、このアスタキサンチンが上げられますが、網膜や脳の中に入っていくことのできるのはアスタキサンチンだけなのです。眼精疲労の原因による様々な症状ももとをただせば活性酸素。テレビやスマホのディスプレイからの光を見続ければ活性酸素が発生しダメージは細胞レベルまで浸透します。そのため、摂取すると体のすみずみまで細胞レベルまで行きわたるアスタキサンチン、しかも、活性酸素の中でも最も毒性が強いといわれる「一重項酸素」の除去に効果的であるからこそ動脈硬化の予防や眼精疲労の回復にも良いと言われているのです。
勿論、老化の原因で起こる加齢性黄斑変性症、白内障の眼の病気予防にも効果的です
また、マキベリーは南米の高地を原産とするフルーツで、アントシアニンの含有量はブルーベリーの何と12倍と言われていますので驚きです。

それ故、ブルーベリーを主原料にしているサプリメントに比べて「アスタブライト」が遥かに眼精疲労への効果が高いことが期待できるのです。
1日3粒が目安で1ヶ月90粒で料金は通常価格が4908円。他のサプリよりお高いイメージを受けるかも知れません。
とは言え、毎月2袋の継続コースに申しこめば初回は60%OFFの3668円、2ヶ月以降は20%OFFの7964円(いずれも消費税送料別)となります。また商品を起きに召さねば商品到着後10日以内での返金保証もありますので、まずはお試しになってはいかがでしょう。

最高品質を目指すベリーサプリメント【アスタブライト】の詳細はこちら

皇潤極(きわみ)初回限定お試し、今だけ2箱3,900円
あなたのご家族、親御さん、ご祖父母、ご親戚の方にどのような健康維持をして行ったら良いかわからず悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
例えば、
「関節が痛くて長く歩くことが出来ない」
「昔のように山登りや旅行などをしてみたい」
「孫を遊びに連れて行きたい」
「もう一度、スポーツを思いっきり楽しみたい」
「目が乾いて読書をするのも大変だ」
「カサカサの肌を昔のようにモチモチに取り戻したい」など
加齢のために、思うように体が動かなくなってしまったり、昔のようにもっと生活を楽しみたいと思っていても、それが出来ずに悩んでいらっしゃる方は意外と多いものです。

もし、そんなあなたの大切な人の悩みを解決させたいと思ったら、
通販で「皇潤極(きわみ)」をお試しになってみませんか?
今なら「アンケートに答えてお得なプランへ」でご回答いただきますと、お得に2箱3,900円で皇潤極を試すことができます。

実は年齢とともに膝の関節は動きが悪くなります。原因はコラーゲンが減っていくから。コラーゲンときくと、肌や髪の毛に効果がある成分だと思っていませんか?実はコラーゲンには2種類あり、肌や髪の毛をツヤツヤに守ってくれる成分をⅠ型、膝関節や目を守ってくれるコラーゲンをⅡ型と呼ぶのです。Ⅰ型とⅡ型は、同じコラーゲンですが異なります。
そして、このコラーゲンⅡ型が減っていくにしたがって、関節の動きが悪くなるのです。40歳を超えると、コラーゲンの量は20歳のころの半分に。これでは、膝の動きが良くなくて階段や道を歩くのが困難になるのは当然といえます。
コラーゲンの働き、とても重要なのです。膝の関節成分といえば、グルコサミンやコンドロイチンのイメージですが、それは5%程度を占めています。そして残りの80%を水分が担っており、ここで15%ほどはⅡ型コラーゲンが主成分となっているのです。つまりⅡ型コラーゲンの成分は非常に大きいのです。たしかにグルコサミンやコンドロイチンの働きも大きいのですが、Ⅱ型コラーゲンのほうが成分の割合としては大きく、主成分のうち重要な役割を占めていることがわかるのではないでしょうか。
そして、エバーライフではこのコラーゲンⅡ型を配合した機能性表示食品を開発しました。それが皇潤極です。コラーゲンの分子構造を残したまま小腸まで届くので、熱や酸などに弱いコラーゲンを構造がこわれないように維持したまま届かせます。
本当に皇潤って効くの?とご不安の方は初回限定特典ということで
お試し価格での通販があります。

あなたの大切なご家族、親御さん、ご祖父母、ご親戚の方にいつも元気な姿でいて欲しいと願うのであれば、通販で皇潤をプレゼントされてはいかがですか?ギフトとして贈れば喜ばれると思います(ギフト包装無料)。
皇潤は正にプレミアムなサプリ、記念日に思いを贈る!
皇潤極(きわみ)はまさにプレミアムなサプリメントです。「母の日」「父の日」「敬老の日」「勤労感謝の日」「お誕生日」「結婚記念日」や「クリスマス」といったいろいろな記念日に通販で皇潤をプレゼントされてはいかがですか?ギフトとしも人気の高いサプリメントです(ギフト包装無料)。
何よりも、身体が無理できなくなるのは50代からが目安です。
少しでも無理ができないと感じるご家族、親御さんやご祖父母、ご親戚の方がいらっしゃるなら!是非、この機会に通販の皇潤極(きわみ)をおすすめになってみてください。

皇潤極(きわみ)初回限定、キャンペーン2箱3,900円でお試しください。

「眉毛、細眉が流行って、抜いたり切ったりしてたら生えてこなくなっちゃった。今は太眉の時代なのに・・・」
「薄眉毛のケアをしてナチュラルな美眉になりたいけれど、何かいいケア用品ないかな」
そんなふうに思っていませんか?

以前安室奈美恵ちゃんが大ブームの時に細眉も大変な人気でしたよね。ほとんどの人が細眉だったのです。しかしそんな安室ちゃんももう引退してしまって、時代が変わってしまいました。

今はファッションでもナチュラル、メイクもナチュラル、そして眉毛は美眉・ナチュラル眉毛の時代です。でも、眉毛が細くなっちゃっていませんか?そんなときは、マユライズがおすすめです。

すっぴんでも美眉に…眉毛美容液マユライズの商品詳細はこちら

メイクって、眉毛次第ですっごく印象が変わりますよね。眉が描いてなかったらほぼすっぴんのイメージになりますし、眉毛だけでも描いてあったら、最低限の身だしなみになります。メイクでもっとも気を使う場所ではないでしょうか。目にゴミが入らないという役目だけでなく、健康的に、はつらつとした表情で明るく見せるのも、眉毛次第なのです。

人の看板である顔。その顔のもっとも大切な部分である眉毛。美容液もつけずに放置してしまっていませんか?肌や唇はケアしても、眉毛をケアするのを怠っているのではないでしうか。

つけるだけの簡単眉毛ケア

マユライズなら、つけるだけで簡単に眉毛ケアができちゃいます。毎日、顔を洗ってお風呂に入って、スキンケアして・・・というのは、ルーティンのようでいてとっても面倒ですよね。マユライズで簡単お手入れしてみませんか。

つけるだけでいいのです。特にパッティングもマッサージも必要ありません。1日に2回塗るだけでいいので、朝と夜に、ささっと眉毛へつけるだけ。

眉毛の育毛成分がバッチリ

オタネニンジンエキスで眉毛の育毛はバッチリ。抜けやすくてハゲやすい眉毛も、ケアしてくれます。ビワ葉エキスも入っているので、ハリと育毛が同時に両立できるのです。フサフサの美眉に最適なので、ぬるだけで美容ができちゃうのです。

”

さらに、加水分解卵殻膜は、その名の通り卵成分なのですが、潤い、整え、肌ケア、眉全体をケアしてくれます。
眉毛のサポートと美肌。まつげ美容液に含まれる定番の美容成分を含みながら、さらにしっかりケアする成分をぎゅっと配合しており、肌に優しい成分がたっぷり配合されています。

そして無添加!何も不純物が入っていないので、天然成分で肌に優しいのです。
合成香料、着色料、アルコール、鉱物油、すべて不使用の無添加で、とってもこだわっています。

国内工場で最高品質の管理

製造工程は国内で。医薬品と同レベルの基準で管理された工場で、妥協のない製造。品質管理は徹底されており、管理と検査は医薬品並みの厳重さで、お手元に届くまでしっかりチェック。匿名配送も承っており、プライバシーも万全で守られています。

マユライズは定期コースが初回980円+税なのに、クレジットカードの決済にすると1回目500円、2回目から4回目までの割引価格は5,980+税です。よければ5回目以降も5,980+税となります(5回目以降はお届け周期を遅らせても継続すれば適用されます)。

通常8,980円+税なので、定期コースで良いと思います。ミラーの おまけ景品も可愛かったし、送料や決済手数料も無料なので、お試しでも買ってみることをおすすめします。

マユライズは今話題沸騰。テレビやネットのブログなどでも取り上げられた、人気の品です。ナチュラルな眉、美しい眉をぜひ手に入れてください。

すっぴんでも美眉に…眉毛美容液マユライズの商品詳細はこちら

「眼力」という言葉があるように、目の美しい人ってとても魅力的ですよね。だからこそ、目元のケアって誰もが気を配っているのではないでしょうか?
それなのに、特に何の心あたりもないのに、寝不足したように目の下が暗くて、疲れたような表情になってしまっていることってありませんか?
慌ててコンシーラーで隠そうとしても隠しきれなかったりと悩みますね!
そんな目の下のクマ。どうしたらよいでしょう。

目の下の年齢サインを根本から対策!男女兼用『アイキララ』の詳細はこちら

勿論、「目の下のクマ」ができる原因がありますので、それをしっかりと知ることも大切です。まず、目の周りってどうなっているかというと、毛細血管が集まっていてその中の血液が目に栄養を送っているのです。また、眼球は眼窩脂肪(がんかしぼう)に覆われていてその表面がまぶたということになります。 実は、このまぶたの皮膚が全身の皮膚の中で最も薄い箇所と言われています。そのため、こすったり、また紫外線等の刺激が加わると色素が沈着しやすく、目が疲れたり、あるいは加齢等によっても大きな影響を受ける事になります。それが「クマ」の原因となるのです。

さて、一言で「クマ」と言っても3種類あることをご存じでしょうか?
一つ目が、「茶クマ」で原因は色素沈着です。紫外線によるダメージや、目をこすりすぎることによって起こります。二つ目が「青クマ」です。目の周りの毛細血管の中の血流が滞って起こるもので、眼精疲労が主な原因です。三つ目が「黒クマ」で、生まれつき目の下の脂肪が少なかったり、加齢のために目の周りの脂肪が少なくなるために起こるタイプと、加齢により目の下の筋肉がゆるんで皮膚にたるみが生じ、その下にへこみができることによって起こるタイプです。

アイキララの商品詳細はこちら

どの「クマ」も単に隠そうとするだけでは、何の解決にもなりません。
ではどうしたらよいでしょう?
「クマ」は目の下の皮膚のトラブルであることは間違いありませんので、そのトラブルを解消してあげればよいのです。
つまり、目の下の皮膚がダメージを受けて老化してしまっているために起こるものですから、この部分のアンチエイジングをしてあげることが問題の解決に繋がります。

目の下の皮膚のアンチエイジングに最適な商品が男女兼用「アイキララ」です。
目の下に限らず、お肌のアンチエイジングに最も成分にコラーゲンがあることはご存知と思います。真皮の70%はコラーゲンでできていると言われていますからコラーゲンが失われれば、皮膚の内部の栄養が損なわれ、肌の潤いをなくし、さらに保湿能力も落ち、乾燥してしまいます。つまり、お肌の自己回復力が衰えた状態になってしまいます。

「アイキララ」はそのコラーゲンを皮膚の内部で産生する働きのある「MGA」というビタミンビタミンC誘導体の一種が含んでいます。また、さらにMGAはコラーゲンを肌の内部に留めてくれる作用もあるので、ふっくらとした健康的な肌の色を取り戻すことが出来ます。また、「アイキララ」には 肌の内側から新しい肌が作る力を活性化させてくれる成分も含まれていますので色素沈着やくすみの改善や、目元の血行をスムーズにすることが出来ますので、どんな種類の「クマ」の改善にも効果が期待できるのです。

 

しかし、直接肌につけるもの、しかも、身体の中で最も薄い目の周りにつけるのですから安全性が気になるところです。敏感肌でも使えるか、また副作用はと大変に気になります。
しかし、アイキララには着色料、保存料、防腐剤は一切使われていませんので、敏感肌の方でも大丈夫!副作用もありません。しかも1本2980円という値段も嬉しいですね。
しかも、1本で約1ヶ月分、男女兼用です。 効果が現れるスピ-ドはご利用になる方によって異なるようですが、早い方で約2週間ということですから、まずは、お試しになってみるのはいかがでしょう。

目元のたるみの原因を根本から解消!『アイキララ』の商品詳細はこちら