コンテンツへスキップ

しじみ習慣の中にある、しじみに含まれる成分はなんだろう

しじみ習慣の公式サイトは、どのくらいしじみの成分が含まれているか、しっかり書かれています。しじみの成分がなんなのか?という事を意外と知らない人が多いでしょう。

しじみはお酒を飲む人に効果的であるとか、しじみは、肝臓負担を軽くするといった事は、昔から言われています。でも成分を知っている人は少ないでしょうね。お酒を飲みたい人は、仕事であれこれストレスを抱えている事が多いため、日常の細かい事まで考えたくないという人も多いですよね。また、家族に無理やりしじみを勧められても、自分の体調が不調と感じるまで、干渉されたくない人が多かったりします。ですが、体調に異変を感じてからだと、後戻りできない状況も多いのです。

楽しみのひとつである飲酒を続けるために、必要なしじみの成分について、頭の中に入れておくと、後々後悔する事がなくずっと楽しく健康に過ごす事ができますよ。

さて、しじみの中で肝臓によく働く成分が、オルニチンという成分です。そのオルニチンの働きですが、オルニチン成分の高いしじみを摂取すると、腸で吸収されます。そして腸から肝臓や、腎臓や、筋肉になど体中に運ばれていきます。オルニチンは、遊離アミノ酸という成分として、血液の中に蓄えられていくのです。

肝臓に吸収されたオルニチンは、アルコールを摂取して毒性となる成分となるエネルギーとなるアンモニアを外に排出するための解毒作用として、活躍するのです。アルコールを摂取しない人とアルコールを摂取する人の毒性は、アルコール摂取し続ける人の方が多くなります。通常なら、肝臓の働きで十分機能するはずですが、飲酒しすぎた結果、機能不全に陥ってしまうのです。

しじみ習慣の中に含まれるオルニチンという成分を毎回しっかり摂取していると、お酒を好む人の肝臓の機能も健康な状態まで高める効果が期待できるため、飲酒する人におすすめなのです。しじみ習慣の中に含まれるオルニチンの活躍がどんなものかが分かると、より意識的に体に取り入れようと考えられますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*