カイテキオリゴは使いやすい健康食品です。薬ではありませんので、乳幼児から妊婦の人、高齢者の人まであらゆる人が飲めるのが魅力です。子供のの場合は量を減らす必要がありますが、計量スプーンが付属しているので調節も容易です。妊婦や授乳中の人が使っても大丈夫ですが、心配な人はかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。妊娠中は便秘の状態になりやすく、特に妊娠初期はホルモンバランスの変化やストレスから便秘を発症しやすい状態です。そのため、妊娠中に便秘で悩まされているなら、カイテキオリゴのオリゴ糖の力を借りてみてください。

カイテキオリゴはオリゴ糖を含んでいるので、最も不安に感じるのは糖尿病の人ではないでしょうか。糖尿病の人にとって糖分は避けるべきものなので、カイテキオリゴは危険なものではないかと疑っても不思議ではありません。まず、糖尿病の人にとって指標となるのが血糖値の上昇率を表しているGI値であり、砂糖のGI値は110です。黒糖や99、蜂蜜は85、メープルシロップは73と砂糖と比べるとやや低いものの、それでもかなり高めの数字なのは否めません。

カイテキオリゴのGI値は43とかなり低く、体に対してそれほど負担をかけない健康食品です。もっとも、糖尿病の人にとって全く無害というわけではありませんので医師への相談は必要ですが、甘味に分類される製品の中では飲みやすい部類に入ります。糖尿病の合併症の1つに神経障害があり、こちらのせいで自律神経の働きに問題が出てくると便秘に繋がってしまうでしょう。そのため、カイテキオリゴを試してみるという選択肢は有用なので、医師と相談した上で試してください。

基本的に安全なのがカイテキオリゴですが、飲み過ぎると下痢などの弊害が出てきますので、用法用量はしっかり守る必要があります。飲み過ぎても一時的にお腹がゆるくなる程度で済みますが、スプーン1杯当たりに11キロカロリーが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。