コンテンツへスキップ

カイテキオリゴは使いやすく、ビフィズス菌へ働きかける効果が高い

健康食品やサプリメントは非常に多く販売されています。しかし、せっかく購入したのに長く続かない、そんな経験を持っている人も多いでしょう。使いにくい、あまり美味しくないものはどうしても手が伸びにくくなりますし、効果が見られないとなおさら手にする機会が減ってしまいます。オリゴ糖を使った健康食品のカイテキオリゴは、とにかく扱いやすいのが魅力の1つです。飲み物に入れる、或いは料理に使用するといった感じで使うのですが、この時に味はほとんど変わりません。

オリゴ糖と聞くと甘いもの、そのようなイメージを持っている人も多いですが、砂糖と比べると味がかなり抑えられています。そのため、甘さで味が変わってしまうこともありませんから、どんな飲み物にも合うのが魅力です。同様に、料理に入れても味の邪魔をしないので、健康食品の中でも特に使いやすい製品と言っても過言ではありません。スプーン1杯程度を入れるだけでよいので、完全にカイテキオリゴを使うのが習慣になっている人も多いでしょう。

もちろん、使いやすくても効果が表れないのなら問題ですが、カイテキオリゴは腸内環境改善の効果が見られます。便秘などで悩んでいる多くの人の腸を改善してきた実績がありますし、便秘で悩んでいる人にとって期待が持てる製品です。カイテキオリゴはビフィズス菌を多く含んでいて、腸内の善玉菌を増やす効果を見込めます。同じように腸内環境改善の効果があるのは乳酸菌ですが、こちらは誰にでも効くものではありません。

そもそも、乳酸菌は日本人にはあまり合っておらず、牛乳を飲んで下痢などの症状を起こす乳糖不耐症の人が多くいます。乳酸菌の摂取が全く無駄になるわけではありませんが、欧米の人と比べると乳酸菌は効果が薄いのではないでしょうか。ビフィズス菌も同様に人によって効果の差はありますが、カイテキオリゴは腸内のビフィズス菌に働きかけるので効果的に善玉菌を活性させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*