便秘…..とても嫌なものですよね! いつもお腹が張って、お肌は荒れて、食欲まで湧かなくなってしまう。
便秘…..とても嫌なものですよね! いつもお腹が張って、お肌は荒れて、食欲まで湧かなくなってしまう。
なんとも言えない違和感がついてまわるのは困り物です。便秘になってしまったら、あなたはどうしますか?
確かに、便秘を改善させるために食生活の改善や適度な運動をすることはとても大切なことです。しかし、それでも改善しない場合、便秘薬を使う人も多いのでは?

便秘薬が排便を促すのは、薬が腸に刺激を与えたり、あるいは便を柔らかくする作用を薬を使って起こしているので、決して、身体の自然の作用ではありません。
そのために、長期的に服用すると薬なしでは自然な排便ができなくなってしまいますし、また、腹痛や吐き気、下痢、食欲不振といった副作用を伴うこともありますので、結果的に便秘を完治させる事は出来ません。

『カイテキオリゴ』の商品詳細はこちら

では、辛い便秘から副作用なく緩和させていくにはどうしたらよいでしょう?
結局のところ、便秘の解消には腸内環境を整えることが1番なのです。
便秘の状態になっているのは、腸内の悪玉菌が偏った食事・運動不足・ストレス・ホルモンバランスの乱れで増えすぎていることが原因なので、善玉菌と悪玉菌の割合を正常に戻す必要があります。
勿論、先に上げたように食生活の改善、適度な運動を続けながらもサプリメントを使ってみるのも一つの手です。

最近、便秘解消に注目を浴びているのがオリゴ糖です。
このオリゴ糖の特徴は、なんといっても腸に届くまでに、消化されにくいということです。

口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖詳細はこちら

何故、このオリゴ糖だけが他の糖と異なって腸に届くのでしょう?
一言で、糖と言ってもたくさん種類があるのはご存じですか?「ショ糖」「ブドウ糖」「果糖」等など、糖の最小単位を「単糖」と言うのですけど、この単糖が3個から10個集まって出来たものが「オリゴ糖」と呼ばれているのです。
複数の糖分が結びついてできているので、単体構造の他の糖分と異なり、消化されにくいという性質を持っているのです。

何故、腸に糖が届くことが便秘に良い効果をもたらすか?といえば、腸内の善玉菌が、オリゴ糖をエサにすることによって身体にとって有効な、短鎖脂肪酸(SCFA)やビタミンB群等の物質を産生し、必須ミネラルの吸収を促します。善玉菌が増えることによって、悪玉菌が減り、結果として腸内環境が正常に戻り、便秘の解消に繋がります。

では、何故、オリゴ糖が善玉菌のエサになるのでしょう?これにはしっかりした理由があります。
そもそもオリゴ糖が発見されたのは「乳児の健康状態は粉ミルクより母乳で育った方が腸トラブルを起こしにくい」事から、乳児の腸内細菌を調べたところ母乳の中に善玉菌の一つであるビフィズス菌を増やす因子となっているオリゴ糖の存在が発見されたのです。
そのため、現在販売されている粉ミルクにはオリゴ糖が配合されるようになったのです。

『カイテキオリゴ』の商品詳細はこちら

オリゴ糖そのものはドラッグストアでも販売されていますが、シロップ状であったり、天然成分以外のものが含まれていることが多く、通常は30%程しかオリゴ糖しか含まれていません。不純物ばかりのものでは効果も薄いでしょうし、安全性にも疑問が残りますよね。

ではおすすめのサプリメントは何でしょうか?
ズバリ、「カイテキオリゴ」です。 これは天然オリゴ糖のサプリメントです。
カイテキオリゴは海道産のてん菜から抽出したオリゴ糖に牛乳や樹木を主原料にした天然素材100%のために、安全性は問題が全くありません。
勿論、薬ではなく食品ですから、すぐに即効性を求めても期待はずれに終わるでしょう。

毎日少しづつ続けることが効果を感じる最大の秘訣です。ただ、そのまま飲んでも決して美味しいものではありません。糖といっても砂糖のような甘さはありませんので、ヨーグルトに混ぜたり、フルーツにふりかけて食べたりするのが良いと思います。また、カロリーも低くて、5gで、10キロカロリー程度、1日15グラムのカイテキオリゴを摂取して、便秘からサヨナラしましょう。

口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖詳細はこちら