宿便という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。宿便には大きく2つの意味があって、1つ目は便が長期間に渡って腸内に留まっているというものです。場合によっては病院での治療も必要なほどに深刻な状態なので、便秘に効果があるカイテキオリゴでも効果がすぐには出ません。このようなケースでは、やはりじっくりとカイテキオリゴを使って腸内改善に取り組むのが必須です。さらに、なるべく水分を多く取る、水溶性食物繊維を多く摂取するなどの一般的な便秘対策も欠かせません。

また、便秘の理由については人それぞれなので、便秘について詳しい病院を訪れてアドバイスを受けるなどの対策も重要です。そしてもう1つの宿便ですが、こちらは美容関連の業界でよく使われていて、テレビや雑誌などで宿便が取り上げられる時はこちらの意味と考えてよいでしょう。1つ目の意味は便自体が腸内に留まっているというものでしたが、こちらは腸の壁にこびりついている便という意味です。便は衛生的に考えれば明らかに問題があるものなので、宿便があるなら腸内環境が悪化していきます。

宿便が留まる原因はヒダなど物理的なものがまず挙げられ、そして腸内環境の悪化も大きな要因です。そのため、腸内環境が悪いと宿便に繋がり、その宿便がさらに腸内環境を悪化させてしまいます。この腸内の状態については人それぞれですが、カイテキオリゴを飲めばビフィズス菌を活性化させて腸内環境の悪化の連鎖を断ち切れるでしょう。

便秘で市販の下剤を使っている、或いは下剤を処方してもらっている人も多いですが、下剤は使い続けると腸の運動機能の方にも影響が出てくるので、なるべくなら使わない方がよいものです。もちろん、どうしても便が出てこない場合には使わざるを得ない場面もありますが、そのような人は並行してカイテキオリゴを試してみてください。カイテキオリゴなら健康の方に悪影響を及ぼさないので、安心して使えます。