パソコンやスマホが日常生活の中で当たり前の様に使われるようになった現代。大変に便利になりましたよね。しかし、その代償に、それらを使って疲れを訴えている人が、何と90%に上るというデータも出てきます。

そもそも、人間が様々な情報を入手する際、視覚での情報獲得の割合は実に8割を超えると言われています。 勿論、パソコンスマホのみならず、テレビやDVD 書籍など、目から入る情報に満ちあふれていますから、ほぼ日常的に目を酷使している事になります。

目が疲れ、目の奥の痛みや、目のかすみ、異物感などを感じても十分な睡眠をとることで疲労がとれるならそれは単なる疲れ目です。
しかし、休息しても疲れが取れなかったり、また頭痛や肩こりなどの症状が出るとしたら
それは眼精疲労です。更にそれが悪化すると自律神経にも悪影響を及ぼすと言われていますので要注意です。

眼精疲労の原因は目の酷使であることが明らかですから、日常生活の中で予防を心がければ、軽減できることは間違いありません。
よく言われていることが、パソコンなどは1時間毎に10分程度の休みを取る、とか、本を読むときは明るさに気をつける、椅子には正しい姿勢で座り、ディスプレイに目を近づけ過ぎない等などです。

しかしながら、いくら気をつけていても、十分に対策が取れないことってよくあると思います。

そうした時に是非共お世話になりたいのが眼精疲労を緩和するサプリメントです。



目の疲れ、眼精疲労に効果のある食品として有名なのがブルーベリーですね!
視細胞の中には「ロドプシン」という物質があります。このロドプシンが網膜の中に履いてきた光を電気信号に変え、脳へ伝達することで目が見えるのですが、目が疲れると「ロドプシン」が減ってくるため目が見えにくくなるのです。
ブルーベリーには「アントシアニン」という物質にはロドプシンを再合成する力があるために目の疲れに効果があるとされています。

ですから、ブルーベリーが使われた眼精疲労用のサプリメントがたくさんでているのはご存じのとおりです。

しかし、目の疲労回復に更に効果のあるサプリメントがあるのをご存じですか?
それが「アスタブライト」です。

「アスタブライト」はアスタキサンチン、マキベリー、主な原材料として作られています。
どれも余り聞き慣れないものですね!
アスタキサンチンは鮭、カニ、エビに含まれていて、抗酸化力がビタミンCの100倍とも言われています。抗酸化力が目に効く成分はβカロチン、ビタミンと、このアスタキサンチンが上げられますが、網膜や脳の中に入っていくことのできるのはアスタキサンチンだけなのです。眼精疲労の原因による様々な症状ももとをただせば活性酸素。テレビやスマホのディスプレイからの光を見続ければ活性酸素が発生しダメージは細胞レベルまで浸透します。そのため、摂取すると体のすみずみまで細胞レベルまで行きわたるアスタキサンチン、しかも、活性酸素の中でも最も毒性が強いといわれる「一重項酸素」の除去に効果的であるからこそ動脈硬化の予防や眼精疲労の回復にも良いと言われているのです。
勿論、老化の原因で起こる加齢性黄斑変性症、白内障の眼の病気予防にも効果的です
また、マキベリーは南米の高地を原産とするフルーツで、アントシアニンの含有量はブルーベリーの何と12倍と言われていますので驚きです。

それ故、ブルーベリーを主原料にしているサプリメントに比べて「アスタブライト」が遥かに眼精疲労への効果が高いことが期待できるのです。
1日3粒が目安で1ヶ月90粒で料金は通常価格が4908円。他のサプリよりお高いイメージを受けるかも知れません。
とは言え、毎月2袋の継続コースに申しこめば初回は60%OFFの3668円、2ヶ月以降は20%OFFの7964円(いずれも消費税送料別)となります。また商品を起きに召さねば商品到着後10日以内での返金保証もありますので、まずはお試しになってはいかがでしょう。

最高品質を目指すベリーサプリメント【アスタブライト】の詳細はこちら