コンテンツへスキップ

腸内のビフィズス菌を活性化させるカイテキオリゴ

便秘解消の効果が高いカイテキオリゴには様々な工夫が凝らされています。オリゴ糖と名前が付いている製品であっても、実際にはそれほどオリゴ糖が含まれていないものも珍しくはありません。それに対して、カイテキオリゴはほぼ100%と高純度のオリゴ糖が使われていて、これが効果に繋がっています。また、カイテキオリゴではEOS理論と呼ばれる理論をベースに作られていて、複数のオリゴ糖を使用しているのも大きな特長です。

腸内改善に有効なのはビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌で、これらを含んだ健康食品やサプリメントは多くあります。ビフィズス菌や乳酸菌が億単位で含まれている、そのような謳い文句の製品が多くあるものの、効果があるかは別問題です。外部からビフィズス菌や乳酸菌を摂取した場合に問題となるのは、生きたまま腸に辿り着くかどうかです。もちろん、各社は工夫を凝らしているものの、胃酸が大量に出る胃、アルカリ性の小腸を通り抜けるのはかなりの困難と言えるでしょう。

また、仮に生きたまま善玉菌が腸にまで届いたとしても、それが定着するかはまた別問題です。乳酸菌やビフィズス菌を食べ物やサプリメントなどから摂取しても、定着はしないという研究結果が発表されています。全く効果がないわけではなく、腸内の善玉菌の動きが活発になることはあるものの、基本的に体は外部の菌を排除しようとするので乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸内に辿り着いてもそのまま排出されてしまうでしょう。

そのため、善玉菌を届けるものよりも、既にある善玉菌の働きを高めるものがよい健康食品です。カイテキオリゴに含まれているオリゴ糖は乳酸菌の餌になりますし、実際にオリゴ糖にはビフィズス菌を増やす効果が確認されています。また、カイテキオリゴは高品質なオリゴ糖を配合していますので、他のオリゴ糖を含んだものよりも効果が期待できる製品です。腸内改善のために、良質のオリゴ糖を摂取してはいかがでしょうか。