コンテンツへスキップ

砂糖とオリゴ糖の違い
オリゴ糖と砂糖は共に糖に分類される成分ではあるものの、違いが多くあります。砂糖は調味料の名前で、正確にはショ糖というのですが、このショ糖はオリゴ糖の一種です。オリゴ糖はショ糖のように特定の成分を指した言葉ではなく、糖類の中の少糖類の別の言い方です。ただ、オリゴ糖には狭義の意味と広義の意味があって、広義では先に書いたように少糖類を指しています。それに対して狭義、一般的に認識されているオリゴ糖は少糖類の中の三糖類や四糖類、六糖類を指していると考えてよいでしょう。

ショ糖は二糖類に分類される少糖類なので厳密にはオリゴ糖なのですが、一般的にはオリゴ糖とは認識されていません。オリゴ糖は腸などによいと言われていますが、これは狭義の意味でのことと考えてください。以下は砂糖は甘みが強く、一般的なオリゴ糖は甘みが抑えられていますが、体内に入ってからの働きも大きく異なります。砂糖はエネルギー源として使われる成分なので、体内でも非常に人気があると考えてよいでしょう。そのため、消化の過程ですぐに使われて行くので、腸内の善玉菌が砂糖を使うことはほとんどありません。

それに対して一般的なオリゴ糖は悪い言い方をすればあまり人気はなく、腸内細菌のほとんどはオリゴ糖を利用しないのが特徴です。しかし、ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物なので、他の菌に使われずにビフィズス菌に働きかけられます。これがオリゴ糖が腸内の改善に役立つ理由ですが、一般的に販売されているシロップではあまり効果(栄養補給や健康増進を目的とした表現、以下同じ)はありません。こちらには砂糖や人工甘味料が多く含まれています。そのため、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖等のようにオリゴ糖の効果を活かした健康食品が有効です。オリゴ糖の中には体内のビフィズス菌のほぼ全種類をカバーするようなものがあるので、腸内の環境を整える効果が期待できます。

オリゴ糖を使うなら、変化を付けるのが重要
オリゴ糖を飲んでいても効果がない、そのような人も出て来るでしょう。オリゴ糖を継続的に使うと便秘などの改善が期待されるのですが、逆に使い続けていると途端に元に戻ってしまうケースがあります。これは、別にオリゴ糖に問題があるわけではなく、腸内環境停滞期と呼ばれる状態です。オリゴ糖を多く含んだものを摂取していると、人によってはこの腸内環境停滞期が訪れます。

全ての人に起こるわけではないのですが、腸内環境停滞期が訪れるかどうかを事前に知ることは難しいでしょう。この腸内環境停滞期が起こると、悪玉菌の方が力を付けてしまうので、オリゴ糖を飲む前の状態に逆戻りしてしまいます。そのメカニズムですが、オリゴ糖を多く含んだ製品により腸内のビフィズス菌が活発に働いて便秘が改善されるのが基本的な状態です。ところが、人によってはこの善玉菌の活性化に連動するように悪玉菌の方が耐性を付けて行きます。

そのため、一時的に劣勢だった悪玉菌がパワーアップして善玉菌を減らしていき、結果的に善玉菌が増える前の状態に戻る、これが腸内環境停滞期です。この状態になると、オリゴ糖を飲み続けても悪玉菌の力が強いので、効果が著しく落ちます。しかし、悪玉菌の方の強さはずっと続くものではありませんので、十分に対処が可能です。3日間ほどオリゴ糖を飲む量を減らす、これだけで悪玉菌の方は善玉菌の力が弱まったと勘違いするので、それから元の量に戻すことで以前のように善玉菌を増やせます。

悪玉菌がパワーアップする原因は腸内環境への適応、要は慣れですので、オリゴ糖を同じ時間帯に、同じ使い方で飲んでいると腸内環境停滞期が訪れやすいでしょう。例えば、毎朝ココアに一定のオリゴ糖を入れて飲んでいる、このようなケースは悪玉菌が慣れを起こしやすい状態です。そのため、オリゴ糖を使うなら時間帯を変えてみる、入れるものを変えてみるなど変化を付けるのが有効です。

オリゴ糖は乳幼児や妊婦でも飲める製品
オリゴ糖は使いやすい健康食品です。薬ではありませんので、乳幼児から妊婦の人、高齢者の人まであらゆる人が飲めるのが魅力です。子供の場合は量を減らす必要がありますが、計量スプーンで調節も容易です。妊婦や授乳中の人が使っても大丈夫ですが、心配な人はかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。妊娠中は便秘の状態になりやすく、特に妊娠初期はホルモンバランスの変化やストレスから便秘を発症しやすい状態です。そのため、妊娠中に便秘で悩まされているなら、オリゴ糖の力を借りてみてください。

オリゴ糖を含んでいるので、最も不安に感じるのは糖尿病の人ではないでしょうか。糖尿病の人にとって糖分は避けるべきものなので、オリゴ糖は危険なものではないかと疑っても不思議ではありません。まず、糖尿病の人にとって指標となるのが血糖値の上昇率を表しているGI値であり、砂糖のGI値は110です。黒糖や99、蜂蜜は85、メープルシロップは73と砂糖と比べるとやや低いものの、それでもかなり高めの数字なのは否めません。

オリゴ糖のGI値は10とかなり低く、体に対してそれほど負担をかけない健康食品です。もっとも、糖尿病の人にとって全く無害というわけではありませんので医師への相談は必要ですが、甘味に分類される製品の中では飲みやすい部類に入ります。糖尿病の合併症の1つに神経障害があり、こちらのせいで自律神経の働きに問題が出てくると便秘に繋がってしまうでしょう。そのため、オリゴ糖を試してみるという選択肢は有用なので、医師と相談した上で試してください。

基本的に安全なのがオリゴ糖ですが、飲み過ぎると下痢などの弊害が出てきますので、用法用量はしっかり守る必要があります。飲み過ぎても一時的にお腹がゆるくなる程度で済みますが、スプーン1杯当たりに11キロカロリーが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。

まとめ
便秘…..とても嫌なものですよね! いつもお腹が張って、お肌は荒れて、食欲まで湧かなくなってしまう。
なんとも言えない違和感がついてまわるのは困り物です。便秘になってしまったら、あなたはどうしますか?
確かに、便秘を改善させるために食生活の改善や適度な運動をすることはとても大切なことです。しかし、それでも改善しない場合、便秘薬を使う人も多いのでは?

便秘薬が排便を促すのは、薬が腸に刺激を与えたり、あるいは便を柔らかくする作用を薬を使って起こしているので、決して、身体の自然の作用ではありません。
そのために、長期的に服用すると薬なしでは自然な排便ができなくなってしまいますし、また、腹痛や吐き気、下痢、食欲不振といった副作用を伴うこともありますので、結果的に便秘を完治させる事は出来ません。

では、辛い便秘から副作用なく緩和させていくにはどうしたらよいでしょう?
結局のところ、便秘の解消には腸内環境を整えることが1番なのです。
便秘の状態になっているのは、腸内の悪玉菌が偏った食事・運動不足・ストレス・ホルモンバランスの乱れで増えすぎていることが原因なので、善玉菌と悪玉菌の割合を正常に戻す必要があります。
勿論、先に上げたように食生活の改善、適度な運動を続けながらもサプリメントを使ってみるのも一つの手です。

最近、便秘解消に注目を浴びているのがオリゴ糖です。
このオリゴ糖の特徴は、なんといっても腸に届くまでに、消化されにくいということです。

何故、このオリゴ糖だけが他の糖と異なって腸に届くのでしょう?
一言で、糖と言ってもたくさん種類があるのはご存じですか?「ショ糖」「ブドウ糖」「果糖」等など、糖の最小単位を「単糖」と言うのですけど、この単糖が3個から10個集まって出来たものが「オリゴ糖」と呼ばれているのです。
複数の糖分が結びついてできているので、単体構造の他の糖分と異なり、消化されにくいという性質を持っているのです。

何故、腸に糖が届くことが便秘に良い効果をもたらすか?といえば、腸内の善玉菌が、オリゴ糖をエサにすることによって身体にとって有効な、短鎖脂肪酸(SCFA)やビタミンB群等の物質を産生し、必須ミネラルの吸収を促します。善玉菌が増えることによって、悪玉菌が減り、結果として腸内環境が正常に戻り、便秘の解消に繋がります。

では、何故、オリゴ糖が善玉菌のエサになるのでしょう?これにはしっかりした理由があります。
そもそもオリゴ糖が発見されたのは「乳児の健康状態は粉ミルクより母乳で育った方が腸トラブルを起こしにくい」事から、乳児の腸内細菌を調べたところ母乳の中に善玉菌の一つであるビフィズス菌を増やす因子となっているオリゴ糖の存在が発見されたのです。
そのため、現在販売されている粉ミルクにはオリゴ糖が配合されるようになったのです。

オリゴ糖そのものはドラッグストアでも販売されていますが、シロップ状であったり、天然成分以外のものが含まれていることが多く、通常は30%程しかオリゴ糖しか含まれていません。不純物ばかりのものでは効果も薄いでしょうし、安全性にも疑問が残りますよね。

ではおすすめのサプリメントは何でしょうか?
ズバリ、「カイテキオリゴ」です。 これは天然オリゴ糖のサプリメントです。
カイテキオリゴは北海道産のてん菜から抽出したオリゴ糖に牛乳や樹木を主原料にした天然素材100%のために、安全性は問題が全くありません。
勿論、薬ではなく食品ですから、すぐに即効性を求めても期待はずれに終わるでしょう。

毎日少しづつ続けることが効果を感じる最大の秘訣です。ただ、そのまま飲んでも決して美味しいものではありません。糖といっても砂糖のような甘さはありませんので、ヨーグルトに混ぜたり、フルーツにふりかけて食べたりするのが良いと思います。また、カロリーも低くて、5gで、10キロカロリー程度、1日15グラムのカイテキオリゴを摂取して、便秘からサヨナラしましょう。

毎日スッキリな生活!!

「眼力」という言葉があるように、目の美しい人ってとても魅力的ですよね。だからこそ、目元のケアって誰もが気を配っているのではないでしょうか?
それなのに、特に何の心あたりもないのに、寝不足したように目の下が暗くて、疲れたような表情になってしまっていることってありませんか?
慌ててコンシーラーで隠そうとしても隠しきれなかったりと悩みますね!
そんな目の下のクマ。どうしたらよいでしょう。

目の下の年齢サインを根本から対策!男女兼用『アイキララ』の詳細はこちら

勿論、「目の下のクマ」ができる原因がありますので、それをしっかりと知ることも大切です。まず、目の周りってどうなっているかというと、毛細血管が集まっていてその中の血液が目に栄養を送っているのです。また、眼球は眼窩脂肪(がんかしぼう)に覆われていてその表面がまぶたということになります。 実は、このまぶたの皮膚が全身の皮膚の中で最も薄い箇所と言われています。そのため、こすったり、また紫外線等の刺激が加わると色素が沈着しやすく、目が疲れたり、あるいは加齢等によっても大きな影響を受ける事になります。それが「クマ」の原因となるのです。

さて、一言で「クマ」と言っても3種類あることをご存じでしょうか?
一つ目が、「茶クマ」で原因は色素沈着です。紫外線によるダメージや、目をこすりすぎることによって起こります。二つ目が「青クマ」です。目の周りの毛細血管の中の血流が滞って起こるもので、眼精疲労が主な原因です。三つ目が「黒クマ」で、生まれつき目の下の脂肪が少なかったり、加齢のために目の周りの脂肪が少なくなるために起こるタイプと、加齢により目の下の筋肉がゆるんで皮膚にたるみが生じ、その下にへこみができることによって起こるタイプです。

アイキララの商品詳細はこちら

どの「クマ」も単に隠そうとするだけでは、何の解決にもなりません。
ではどうしたらよいでしょう?
「クマ」は目の下の皮膚のトラブルであることは間違いありませんので、そのトラブルを解消してあげればよいのです。
つまり、目の下の皮膚がダメージを受けて老化してしまっているために起こるものですから、この部分のアンチエイジングをしてあげることが問題の解決に繋がります。

目の下の皮膚のアンチエイジングに最適な商品が男女兼用「アイキララ」です。
目の下に限らず、お肌のアンチエイジングに最も成分にコラーゲンがあることはご存知と思います。真皮の70%はコラーゲンでできていると言われていますからコラーゲンが失われれば、皮膚の内部の栄養が損なわれ、肌の潤いをなくし、さらに保湿能力も落ち、乾燥してしまいます。つまり、お肌の自己回復力が衰えた状態になってしまいます。

「アイキララ」はそのコラーゲンを皮膚の内部で産生する働きのある「MGA」というビタミンビタミンC誘導体の一種が含んでいます。また、さらにMGAはコラーゲンを肌の内部に留めてくれる作用もあるので、ふっくらとした健康的な肌の色を取り戻すことが出来ます。また、「アイキララ」には 肌の内側から新しい肌が作る力を活性化させてくれる成分も含まれていますので色素沈着やくすみの改善や、目元の血行をスムーズにすることが出来ますので、どんな種類の「クマ」の改善にも効果が期待できるのです。

しかし、直接肌につけるもの、しかも、身体の中で最も薄い目の周りにつけるのですから安全性が気になるところです。敏感肌でも使えるか、また副作用はと大変に気になります。
しかし、アイキララには着色料、保存料、防腐剤は一切使われていませんので、敏感肌の方でも大丈夫!副作用もありません。しかも1本2980円という値段も嬉しいですね。
しかも、1本で約1ヶ月分、男女兼用です。 効果が現れるスピ-ドはご利用になる方によって異なるようですが、早い方で約2週間ということですから、まずは、お試しになってみるのはいかがでしょう。

目元のたるみの原因を根本から解消!『アイキララ』の商品詳細はこちら