コンテンツへスキップ

貧血にも良いとされる蜆(しじみ)
しじみは、貧血気味の方にも良いとされている食べ物のひとつです。貧血症状のある女性は少なくないので、日頃から鉄分を意識的に摂取しているという方も多いでしょう。鉄分を効率的にとることができる食べ物といえば、レバーです。しかし、レバーは独特の味わいであることから、なかなか習慣的に食べることができないという方もいます。

そこで、このところ習慣的に食べられるようになった食べ物というのが、ほうれん草です。ほうれん草はレバーと違って独特な臭みもなく、好き嫌いのある方でも比較的食べ易い野菜のひとつです。鉄分を豊富に含むほうれん草が日常的に食べられるようになった背景として、スムージーの流行が考えられます。スムージーを朝食代わりに飲んでいるという、お洒落な女性も多いです。スムージーにほうれん草を入れると全体的に味が締まって美味しくなるだけでなく、鉄分をはじめとするミネラルやビタミンがたっぷり含まれているので、ほうれん草をスムージーに必ず入れるという方もいます。

しかし、ほうれん草の鉄分というのは「非ヘム鉄」というもので、吸収の悪い鉄分であると言われています。もちろん、全く食べないよりは食べる方が鉄分を摂取できるのは間違いありませんが、できることなら貧血気味の方はより多くの鉄分を摂取したいところです。そんな時にぴったりな食べ物が、しじみです。しじみに含まれている鉄分は「ヘム鉄」と言い、吸収率が良いのです。更に、血を作ってくれるビタミンB12と葉酸も多く含まれているので、貧血気味の方にはうってつけの食べ物です。ほうれん草などの鉄分が豊富な食べ物も採り入れながら、習慣的にしじみを食べることによって、貧血を改善していくことができるようになります。しじみのお味噌汁を毎朝摂るようにするだけでも、鉄分を沢山を摂取することができるので、意識的に取り入れるようにしましょう。

しじみが体に良いと言われる理由
食べる習慣をつけた方が良いと言われ、体に良いとされている食べ物のひとつがしじみです。しじみが体に良いと言われる理由として、沢山の栄養が含まれていることが挙げられます。しじみに含まれている栄養素の中でも、特に6つの栄養素が着目されています。

まず1つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12は、中枢神経や脂肪の代謝に欠かせない、大切な働きをします。もしビタミンB12が足りなくなってしまうと、悪性貧血や神経障害が引き起こされてしまうことがあります。しかし、ビタミンB12は野菜などの植物性の食べ物には含まれていません。そのため、しじみを習慣的に食べるようにすることで、不足を補うことができます。

2つ目はアミノ酸です。しじみには、体内で生成することのできない必須アミノ酸をはじめ、さまざまな種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の指標となるアミノ酸スコアに関しては、100点満点中100点という高い点数を叩き出しています。

3つ目はカルシウムです。カルシウムには、骨や歯を生成する働きがあるだけでなく、筋肉の成長や神経の働きを調整する役割があります。カルシウムが不足してしまうと、骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆症の原因となってしまいます。

4つ目は鉄分です。鉄分は、血液中で酸素を運搬することにより、細胞が呼吸するための大切な働きをしています。汗をかくことで鉄分は失われるため、意識的に摂取するようにしなければなりません。

5つ目はビタミンEです。ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞が酸化してしまうと、化の原因になると言われています。さらにビタミンEが不足すると、体内の生命維持活動が正常に機能しなくなってしまいます。

最後の6つ目はビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞の成長を促すは働きがあります。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで、皮膚や髪の毛の生成を活発にすることができます。

しじみを食べて免疫力をアップ
しじみが持つ栄養成分には、様々な効能があります。その中でも、よく着目される効能は「免疫力のアップ」です。しじみに含まれているオルニチンは、マクロファージを活性化させる働きがあります。そもそもマクロファージとは、免疫細胞のことです。体の中に入ってきたウイルスや細菌などを、体の外へと排出してくれる働きがあります。マクロファージが活性化すると免疫力が上がり、風邪などの病気になりにくい体を保つことができるようになります。

ところが肝臓がダメージを受けると、マクロファージは本来の力を発揮できなくなってしまいます。なぜなら、肝臓というのは、体にとって不要なものを分解するための働きをしているからです。その肝臓がダメージを受けて正常な働きができなくなってしまうと、体にとって不要なものが分解されないので、体のその他の機能に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。アルコールを大量に摂取したり、コレステロールを大量に摂取したりすることによって、肝臓はダメージを受けるのです。

そこで大活躍するのが、しじみの成分です。しじみを食べてマクロファージを活性化させると、肝臓の機能を正常な状態へと戻していくことができます。肝臓の機能が本来あるべき正常な状態に戻ると、体のその他の機能も正常に働くようになるので、免疫力がアップします。

人の体の免疫力を保つためには、肝臓の機能をいかに保っておくかがポイントです。そのため、日常的にアルコールを大量に摂取する機会のある方は、普段アルコールを飲まない方よりも免疫力が低い状態であるということが言えます。したがって、飲酒が習慣になっているという方は、しじみも同じように習慣的に摂取した方が良いと思います。特にアルコールを摂取しないという方も、しじみを食べてマクロファージを活性化させるとより強い体になることができるので、しじみは、どうしても体調を崩すことができないという方にはおすすめの食べ物です。

骨の成長を助けるしじみ
人が生命維持活動をする上で、カルシウムはなくてはならない栄養のひとつです。例えば、心臓をはじめとする様々な器官が正常に機能するためには、カルシウムが必要です。しかし、そのカルシウムが不足してしまうと、内臓の機能が低下してしまいます。そこで人間の体は、生命を維持させるために、カルシウムが蓄積されている骨からカルシウムを溶かして、内臓へと運ぶ働きがあります。そうすることで、生命維持活動を正常に機能させることができるのですが、骨に必要なカルシウムが不足してしまうため、骨がスカスカな状態になってしまいます。このことを、一般的に骨粗鬆症といいます。骨粗鬆症になってしまうと、骨が折れやすくなってしまうだけでなく、折れた後の骨が元通りになりにくくなってしまいます。そのため、寝たきりの生活になってしまうことが多く、結果的に正常な生命維持活動ができなくなってしまうのです。

日本人の食生活は、カルシウムが不足しがちであると言われています。それは、カルシウムが豊富に含まれている乳製品をとりいれた食事が少ないからです。また、カルシウムを体内にどんどん蓄積していくことができるのは、10代の間だけであるとされています。学校の給食でよく牛乳が出されるのも、そのためです。20代からはカルシウムを蓄積していくことがほとんどできず、減っていくばかりなので、日常的にカルシウムを摂取することが大切です。

しじみには多量のカルシウムが含まれています。貝類の中ではトップクラスを誇る含有量で、100グラムあたりに含まれているカルシウムの量は、いわしと同じくらいであると言われています。しじみを習慣的に摂取するためには、お味噌汁で食べるというのが一般的です。砂抜きを毎回行うのが面倒であれば、一気に多くの量を砂抜きした後に、冷凍保存しておくという方法があります。冷凍保存しておけば、食べたい分だけ小分けにして使うことができるので、毎日の食卓にしじみを並べる場合には大変便利です。

肝臓の働きを助けてくれるしじみ
しじみは、肝臓の働きを助けてくれる食べ物として有名です。普段よくお酒を飲む習慣のある人には、「二日酔いにはしじみ」ということを何となく耳にしたことがある方も少なくないでしょう。これまでに、しじみが持っている力は、特に肝臓にさまざまな良い影響を与えるとされてきました。

まず最初に、体に脂肪が溜まるのを予防する働きがあります。肝臓の10パーセントを超える中性脂肪が溜まってしまうと、いわゆる「脂肪肝」となってしまいます。ひとたび脂肪肝になってしまうと、肝臓本来の機能が低下して、そのままに放置してしまうと「肝硬変」や「肝臓がん」の原因となってしまうのです。しじみには、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用があるので、脂肪肝になりにくくします。

次に、肝臓に入ってくる不要なコレステロールを排出する働きがあります。そもそも肝臓にはコレステロールの量を調整する働きがあるのですが、コレステロールの量が増えすぎてしまうと、余剰分を処理しきれずにかえって肝臓に多大な負担をかけてしまいます。コレステロール値が高めの人がしじみを食べることによって、不要なコレステロールを体外へ排出する流れを促し、肝臓への負担を減らすことができるというわけです。

お酒を飲んでアルコールを摂取した場合だけでなく、美容にとっても良い成分がたっぷり含まれているので、しじみは習慣的に食べるようにしたい食べ物のひとつです。特に、肝臓機能の衰えが心配であるという方は、意識的に毎日の食事の中で取り入れるようにしていくとよいでしょう。

しじみ習慣、初回限定無料サンプル
お酒を飲むと、どうしても脂っこい物を肴に!ということが多いでしょうし、最後にシメのラーメン! というのは定番です。 しかし、考えてみればものすごいカロリー摂取です。それだけ肝臓に負担がかかってしまうのは当然です。
それに、日常的にお酒を飲む方にはγ―GTPやGOTの数値を気にしている方も多いでしょう。しかし、依存症をまでは行かないまでも平均値よりかなり高い方ほど、アルコールを控えようにも控えられないということがあるようです。適度に飲むお酒は身体にも良いのですけど、それにかこつけて飲んでしまうという悪循環に陥っていることもあるのでは?

疲れやすい・だるいといった症状だけなのが肝疾患の特徴! だからいくら肝機能を気にしているとは言え、ついつい飲み過ぎてしまう。そして、何気なく検査を受けたら肝臓がんに陥っていたなどということもあります。
そうならないためにも、毎日の肝臓のケアが必要なのです。
肝臓に良いとされている食品は数多くありますが、最近注目されているのがしじみです。
味噌汁の具としてもポピュラーなしじみ! どんな効果があるのでしょう?

その前に、肝臓の役割をご存知ですか?胆汁を作って消化を助けたり、栄養素を加工して貯蔵をしたり、毒を解毒したりと多岐に渡ります。
特にアルコールの解毒には相当に負担がかかり、肝臓の細胞を損傷させているのです。
損傷した細胞は修復に必要なタンパク質の合成されることでスムーズに行われますが、そこに必要なのが必修アミノ酸です。
実は、「しじみ」には必修アミノ酸が全てそろっています。しかも低脂肪なので食べ過ぎても肝臓に負担をかける事はありません

それに加えて、肝臓の中でアルコールが分解されてできた強い毒性をもつアセトアルデヒドを解毒する作用のあるタウリンを多く含んでいます。
それ以外にもビタミンB、カロチン、鉄など肝臓をケアする成分がたくさん含まれているから「しじみ」は肝臓をケアするのに最適と言えるでしょう。

また、肝臓ケアばかりではありません。ビタミンB、カロチン、鉄などの栄養素は女性の貧血や更年期障害の改善に役立つことも周知の事実です。さらに、「しじみ」に含まれているアミノ酸の一種であるオルニチン! 成長ホルモンの分泌を促進する効果も期待されていますので健康、美容に気を使う人にとっても嬉しい食品と言えるでしょう
その「しじみ」成分をぎゅっと詰めたのが「しじみ習慣」です。

いくら「しじみ」が健康に良いといわれていても、どこの「しじみ」が使われているかご存じですか? 日本でしじみの産地といえば有名なところで、島根の神西湖・宍道湖、青森の十三湖、三重の桑名等がありますが、国産のしじみって流通量が少なくて、余り市場に出回らない高級品! 質が良く安全性の高いものでなければ、健康食品としての製品化は出来ません。

この「しじみ習慣」の原料となっているのは台湾の花蓮産! この花蓮という場所、
台湾東部に位置する台湾でも有数の観光地。工場も農地もない手付かずの大自然がそのまま残され、キレイな湧水に恵まれた場所。そんなところで育てられた黄金しじみを使っています。
貝類は大量の水を吸い込んで育つために水中の汚染物質が蓄積されやすいのですが、排水や農薬とは全く無縁の場所で育った黄金しじみですから安全性は折り紙つきです。
そんなしじみを採れたての状態で煮だしてエキスを抽出し、乾燥して粉末に加工。
それをオリーブオイルとサフラワーオイルでペーストにしてカプセルに閉じ込めたのが「しじみ習慣」です。

「しじみ習慣」は食品です。飲んですぐに効果を感じられるものではありませんが、健康保持や体質改善のため、継続的に摂り続けることで徐々に体に変化が出て来るのです。
毎日を健康で元気に過ごすためにも、初回限定無料サンプルで「しじみ習慣」始めてみませんか?

しじみ習慣の商品詳細はこちら