コンテンツへスキップ

学生時代から、便秘に悩まされていました。便秘に悩んでいるって他の人には相談しにくいので、そのまま現在に至るといった感じですね。病院で診てもらった方がよいのではないか、そうも感じましたけれど、便秘で病院に行くのはやはり恥ずかしいと感じました。一応インターネットで病院について調べてはみたところ、便秘を扱っている便秘外来というものがあると知りました。しかし、この便秘外来は私が住んでいるところの近くにはなかったので、結局病院には行っていません。

野菜を多く食べるなどで対処していたのですが、私の場合はどうも野菜を食べてもあまり効果が見られなかったのです。早い時は3日に1回、酷い時は1週間に1回くらいでトイレに行くのですけど、その度にとても苦しかったので健康食品もチェックしてみることにしました。オリゴ糖がいいらしいと広告で見たので調べてみると、カイテキオリゴという製品が評判がよいと知ったのです。普通なら返金とか保証とかのことをチェックするのでしょうけど、その時はとにかく追い詰められていたのですぐに注文してみました。

ですが、家に届いて飲み始めた時期の頃はあまり覚えておらず、それだけ不安になっていたのだと思います。効果も特に見られませんでしたけど、1ヶ月くらいは続けないと効果が出ないと公式ページに書いてあったのでカイテキオリゴを飲み続けました。少し変化してきたかなと感じたのは、カイテキオリゴを飲み始めてから1ヶ月半ぐらい経過した頃です。

3日に1回程度だったトイレが、2日に1回くらいになって、遂に毎日のようにトイレに行く習慣ができました。便秘の方が改善されたからか体重の方も少し落ちて、以前より快適に日常生活を過ごしています。過去に便秘で本当に苦しんでいたことを考えると、カイテキオリゴなしでは生きていけないと言っても大袈裟ではありません。これからもカイテキオリゴを使って、腸の状態をキープしていきたいと思います。

カイテキオリゴは腸内環境を整えて、便秘を改善させる健康食品です。当然、便秘の改善を目的として購入する人が多いものの、実は便秘の改善以外にも効果が色々あります。ビフィズス菌を活性化させて、腸内環境を整えた結果として便秘が改善されるわけですが、腸内環境の改善は美容の面でも効果が見られるでしょう。「腸美人」という言葉もあるように、腸内環境と外見は大きく外見していて、悪玉菌は肌を悪化させる要因となります。

まず、食べるなり飲むなりで体に入ってきたものは体内で消化されますが、栄養素を吸収するのは基本的に小腸の役目です。ビタミンや水分は大腸でも吸収されますが、ともかく腸の働きが鈍ると栄養素の吸収に影響が出てきて、全身に栄養素が行き渡りません。さらに、便秘になると便が留まって毒物が発生するので悪玉菌が繁殖してしまい、この悪玉菌によるガスが全身に運ばれて様々なトラブルを引き起こします。美肌を目指していても、腸内環境が悪ければ肌に悪影響が出てくるので、腸内環境の改善は美肌に大きく影響してくると言っても過言ではありません。

また、悪玉菌が増えた状態だと代謝も落ちてしまうので、痩せにくい体となってしまいます。そのため、カイテキオリゴで腸内環境を整えれば美容、ダイエットの面でも効果が見られるでしょう。また、腸は免疫にも大きく関係していて、腸の悪玉菌が多いとリンパ球のヘルパーT1細胞とヘルパーT2細胞のバランスが崩れてしまいます。

ヘルパーT1細胞はアレルギーを抑制して、ヘルパーT2細胞はアレルギーを誘発するので、ヘルパーT2細胞が増えることによりアレルギーやアトピーが発生するケースも珍しくはありません。そのため、カイテキオリゴによりアレルギーが改善することもあるので、アレルギーに悩まされている人にも向いている製品です。また、オリゴ糖は虫歯を発生させるミュータンス菌の繁殖を抑える効果があるので、歯磨きをしっかりすればカイテキオリゴは虫歯予防にも繋がります。

宿便という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。宿便には大きく2つの意味があって、1つ目は便が長期間に渡って腸内に留まっているというものです。場合によっては病院での治療も必要なほどに深刻な状態なので、便秘に効果があるカイテキオリゴでも効果がすぐには出ません。このようなケースでは、やはりじっくりとカイテキオリゴを使って腸内改善に取り組むのが必須です。さらに、なるべく水分を多く取る、水溶性食物繊維を多く摂取するなどの一般的な便秘対策も欠かせません。

また、便秘の理由については人それぞれなので、便秘について詳しい病院を訪れてアドバイスを受けるなどの対策も重要です。そしてもう1つの宿便ですが、こちらは美容関連の業界でよく使われていて、テレビや雑誌などで宿便が取り上げられる時はこちらの意味と考えてよいでしょう。1つ目の意味は便自体が腸内に留まっているというものでしたが、こちらは腸の壁にこびりついている便という意味です。便は衛生的に考えれば明らかに問題があるものなので、宿便があるなら腸内環境が悪化していきます。

宿便が留まる原因はヒダなど物理的なものがまず挙げられ、そして腸内環境の悪化も大きな要因です。そのため、腸内環境が悪いと宿便に繋がり、その宿便がさらに腸内環境を悪化させてしまいます。この腸内の状態については人それぞれですが、カイテキオリゴを飲めばビフィズス菌を活性化させて腸内環境の悪化の連鎖を断ち切れるでしょう。

便秘で市販の下剤を使っている、或いは下剤を処方してもらっている人も多いですが、下剤は使い続けると腸の運動機能の方にも影響が出てくるので、なるべくなら使わない方がよいものです。もちろん、どうしても便が出てこない場合には使わざるを得ない場面もありますが、そのような人は並行してカイテキオリゴを試してみてください。カイテキオリゴなら健康の方に悪影響を及ぼさないので、安心して使えます。

オリゴ糖と砂糖は共に糖に分類される成分ではあるものの、違いが多くあります。砂糖は調味料の名前で、正確にはショ糖というのですが、このショ糖はオリゴ糖の一種です。オリゴ糖はショ糖のように特定の成分を指した言葉ではなく、糖類の中の少糖類の別の言い方です。ただ、オリゴ糖には狭義の意味と広義の意味があって、広義では先に書いたように少糖類を指しています。それに対して狭義、一般的に認識されているオリゴ糖は少糖類の中の三糖類や四糖類、六糖類を指していると考えてよいでしょう。

ショ糖は二糖類に分類される少糖類なので厳密にはオリゴ糖なのですが、一般的にはオリゴ糖とは認識されていません。オリゴ糖は腸などによいと言われていますが、これは狭義の意味でのことと考えてください。以下は砂糖は甘みが強く、一般的なオリゴ糖は甘みが抑えられていますが、体内に入ってからの働きも大きく異なります。砂糖はエネルギー源として使われる成分なので、体内でも非常に人気があると考えてよいでしょう。そのため、消化の過程ですぐに使われていくので、腸内の善玉菌が砂糖を使うことはほとんどありません。

それに対して一般的なオリゴ糖は悪い言い方をすればあまり人気はなく、腸内細菌のほとんどはオリゴ糖を利用しないのが特徴です。しかし、ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物なので、他の菌に使われずにビフィズス菌に働きかけられます。これがオリゴ糖が腸内の改善に役立つ理由ですが、一般的に販売されているオリゴ糖ではあまり効果はありません。

シロップの形でよく販売されていますが、こちらには砂糖や人工甘味料が多く含まれています。そのため、市販のものよりもカイテキオリゴのようにオリゴ糖の効果を最大限に活かした健康食品が有効です。カイテキオリゴは体内のビフィズス菌のほぼ全種類をカバーするように設計されているので、腸内の環境を整える効果が期待できます。販売されているオリゴ糖を試したけど効果がなかった、そのような人は一度カイテキオリゴを試してみてください。

カイテキオリゴは使いやすい健康食品です。薬ではありませんので、乳幼児から妊婦の人、高齢者の人まであらゆる人が飲めるのが魅力です。子供のの場合は量を減らす必要がありますが、計量スプーンが付属しているので調節も容易です。妊婦や授乳中の人が使っても大丈夫ですが、心配な人はかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。妊娠中は便秘の状態になりやすく、特に妊娠初期はホルモンバランスの変化やストレスから便秘を発症しやすい状態です。そのため、妊娠中に便秘で悩まされているなら、カイテキオリゴのオリゴ糖の力を借りてみてください。

カイテキオリゴはオリゴ糖を含んでいるので、最も不安に感じるのは糖尿病の人ではないでしょうか。糖尿病の人にとって糖分は避けるべきものなので、カイテキオリゴは危険なものではないかと疑っても不思議ではありません。まず、糖尿病の人にとって指標となるのが血糖値の上昇率を表しているGI値であり、砂糖のGI値は110です。黒糖や99、蜂蜜は85、メープルシロップは73と砂糖と比べるとやや低いものの、それでもかなり高めの数字なのは否めません。

カイテキオリゴのGI値は43とかなり低く、体に対してそれほど負担をかけない健康食品です。もっとも、糖尿病の人にとって全く無害というわけではありませんので医師への相談は必要ですが、甘味に分類される製品の中では飲みやすい部類に入ります。糖尿病の合併症の1つに神経障害があり、こちらのせいで自律神経の働きに問題が出てくると便秘に繋がってしまうでしょう。そのため、カイテキオリゴを試してみるという選択肢は有用なので、医師と相談した上で試してください。

基本的に安全なのがカイテキオリゴですが、飲み過ぎると下痢などの弊害が出てきますので、用法用量はしっかり守る必要があります。飲み過ぎても一時的にお腹がゆるくなる程度で済みますが、スプーン1杯当たりに11キロカロリーが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。