コンテンツへスキップ

健康食品の分野でよくあるのが、売るだけで後は関係ないといった態度です。返金、解約などのサポートには応じるものの、それ以上のことはしない会社の方が多いでしょう。カイテキオリゴは「北の快適工房」ブランドの製品ですが、このブランドは健康管理士が多く在籍しています。健康管理士は日本成人病予防協会が主催している民間資格で、国家資格ではありませんが生活習慣病についての知識が非常に深いのが特徴です。

生活習慣の改善、生活習慣病の予防などを主に扱っていますから、カイテキオリゴを求める人との相性は抜群と言っても過言ではありません。腸内環境が悪い状態は病気が原因のケースもあるものの、やはりまず考えられるのは食生活など生活習慣の問題です。そのため、健康管理士の人は腸内環境の悪化で苦しんでいる人に対して適切なアドバイスをしてくれるでしょう。また「北の快適工房」では専任のアドバイザーも多く在籍していますから、相談に乗ってくれます。

便秘などで苦しんでいてカイテキオリゴを買うか検討しているものの、本当に効くのか不安で手を出せずにいる人も珍しくはありません。そのような不安を抱えている人は公式サイトにあるフォームから相談する、或いは電話をかけて話を聞いてもらうとよいでしょう。もっとも、健康食品を扱っている会社に電話をかけるのが嫌だと感じている人も多くいます。

電話をかけると、いつの間にかセールスが始まっていた購入を迫られる、健康食品の分野ではそのような事例があるのは間違いありません。「北の快適工房」ブランドではそのような電話を使ったセールスはしていないので、何かを売りつけられる心配はありません。特に、カイテキオリゴを使い始めてから効果が出るまでにはある程度の時間がかかりますから、この間が最も不安を感じる時期です。そのような場合に相談して不安を解消すれば、カイテキオリゴの効果が出る前にやめてしまうこともないでしょう。

カイテキオリゴを手がけているのは、北海道札幌市に本社を置いている株式会社北の達人コーポレーションです。株式会社北の達人コーポレーションは東京証券取引所の一部、札幌証券取引所に上場している有名企業です。「北の快適工房」と名付けられたブランドを手がけていて、カイテキオリゴもこのブランドに含まれています。2000年5月に北海道の特産品を販売するホームページを立ち上げたのが始まりで、2002年に株式会社北海道・シーオー・ジェイピーとして設立されました。

もっとも、設立当時は会社は大阪府大阪市淀川区にあったのですが、2002年9月に北海道札幌市に移転しています。2009年には株式会社北の達人コーポレーションと名前を変更し、2012年には札幌証券取引所、2014年には東京証券取引所の二部に上場しており、2015年11月には東京証券取引所の一部に指定されました。設立から短期間で一気に台頭してきた企業であり、モンドセレクションなど受賞歴も多数です。インターネット通販を利用したEコマース事業を手がけていて、主に扱っているのは健康食品や化粧品です。

研究にも力を入れているのが株式会社北の達人コーポレーションの特長で、カイテキオリゴに使われているEOS理論は独自に生み出されました。ビフィズス菌と言葉にすると一種類しかいないように聞こえますが、実際にはビフィズス菌は体内に30種類以上も存在しています。ビフィズス菌はオリゴ糖を好むので、オリゴ糖を多く含んだものは腸内環境によいというのがオリゴ糖を使った健康食品の基本的な理論です。

しかし、実際にはビフィズス菌の種類によってオリゴ糖の好き嫌いがあるので、ただオリゴ糖を増やしただけでは活性に繋がらないケースも珍しくはありません。カイテキオリゴはEOS理論により、体内のビフィズス菌の多くに対応したオリゴ糖が含まれているので効果が期待できます。このように研究に基づいた製品を販売しているところが、株式会社北の達人コーポレーションの魅力です。

カイテキオリゴを飲んでいても効果がない、そのような人も出てくるでしょう。カイテキオリゴを継続的に使うと便秘などが改善されるのですが、逆に使い続けていると途端に元に戻ってしまうケースがあります。これは、別にカイテキオリゴに問題があるわけではなく、腸内環境停滞期と呼ばれる状態です。オリゴ糖を多く含んだものを摂取していると、人によってはこの腸内環境停滞期が訪れます。

全ての人に起こるわけではないのですが、腸内環境停滞期が訪れるかどうかを事前に知ることは難しいでしょう。この腸内環境停滞期が起こると、悪玉菌の方が力を付けてしまうので、カイテキオリゴを飲む前の状態に逆戻りしてしまいます。そのメカニズムですが、カイテキオリゴなどオリゴ糖を多く含んだ製品により腸内のビフィズス菌が活発に働いて便秘が改善されるのが基本的な状態です。ところが、人によってはこの善玉菌の活性化に連動するように悪玉菌の方が耐性を付けていきます。

そのため、一時的に劣勢だった悪玉菌がパワーアップして善玉菌を減らしていき、結果的に善玉菌が増える前の状態に戻る、これが腸内環境停滞期です。この状態になると、カイテキオリゴを飲み続けても悪玉菌の力が強いので、効果が著しく落ちます。しかし、悪玉菌の方の強さはずっと続くものではありませんので、十分に対処が可能です。3日間ほどカイテキオリゴを飲む量を減らす、これだけで悪玉菌の方は善玉菌の力が弱まったと勘違いするので、それから元の量に戻すことで以前のように善玉菌を増やせます。

悪玉菌がパワーアップする原因は腸内環境への適応、要は慣れですので、カイテキオリゴを同じ時間帯に、同じ使い方で飲んでいると腸内環境停滞期が訪れやすいでしょう。例えば、毎朝ココアに一定のカイテキオリゴを入れて飲んでいる、このようなケースは悪玉菌が慣れを起こしやすい状態です。そのため、カイテキオリゴを使うなら時間帯を変えてみる、入れるものを変えてみるなど変化を付けるのが有効です。

便秘解消の効果が高いカイテキオリゴには様々な工夫が凝らされています。オリゴ糖と名前が付いている製品であっても、実際にはそれほどオリゴ糖が含まれていないものも珍しくはありません。それに対して、カイテキオリゴはほぼ100%と高純度のオリゴ糖が使われていて、これが効果に繋がっています。また、カイテキオリゴではEOS理論と呼ばれる理論をベースに作られていて、複数のオリゴ糖を使用しているのも大きな特長です。

腸内改善に有効なのはビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌で、これらを含んだ健康食品やサプリメントは多くあります。ビフィズス菌や乳酸菌が億単位で含まれている、そのような謳い文句の製品が多くあるものの、効果があるかは別問題です。外部からビフィズス菌や乳酸菌を摂取した場合に問題となるのは、生きたまま腸に辿り着くかどうかです。もちろん、各社は工夫を凝らしているものの、胃酸が大量に出る胃、アルカリ性の小腸を通り抜けるのはかなりの困難と言えるでしょう。

また、仮に生きたまま善玉菌が腸にまで届いたとしても、それが定着するかはまた別問題です。乳酸菌やビフィズス菌を食べ物やサプリメントなどから摂取しても、定着はしないという研究結果が発表されています。全く効果がないわけではなく、腸内の善玉菌の動きが活発になることはあるものの、基本的に体は外部の菌を排除しようとするので乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸内に辿り着いてもそのまま排出されてしまうでしょう。

そのため、善玉菌を届けるものよりも、既にある善玉菌の働きを高めるものがよい健康食品です。カイテキオリゴに含まれているオリゴ糖は乳酸菌の餌になりますし、実際にオリゴ糖にはビフィズス菌を増やす効果が確認されています。また、カイテキオリゴは高品質なオリゴ糖を配合していますので、他のオリゴ糖を含んだものよりも効果が期待できる製品です。腸内改善のために、良質のオリゴ糖を摂取してはいかがでしょうか。

健康食品やサプリメントは非常に多く販売されています。しかし、せっかく購入したのに長く続かない、そんな経験を持っている人も多いでしょう。使いにくい、あまり美味しくないものはどうしても手が伸びにくくなりますし、効果が見られないとなおさら手にする機会が減ってしまいます。オリゴ糖を使った健康食品のカイテキオリゴは、とにかく扱いやすいのが魅力の1つです。飲み物に入れる、或いは料理に使用するといった感じで使うのですが、この時に味はほとんど変わりません。

オリゴ糖と聞くと甘いもの、そのようなイメージを持っている人も多いですが、砂糖と比べると味がかなり抑えられています。そのため、甘さで味が変わってしまうこともありませんから、どんな飲み物にも合うのが魅力です。同様に、料理に入れても味の邪魔をしないので、健康食品の中でも特に使いやすい製品と言っても過言ではありません。スプーン1杯程度を入れるだけでよいので、完全にカイテキオリゴを使うのが習慣になっている人も多いでしょう。

もちろん、使いやすくても効果が表れないのなら問題ですが、カイテキオリゴは腸内環境改善の効果が見られます。便秘などで悩んでいる多くの人の腸を改善してきた実績がありますし、便秘で悩んでいる人にとって期待が持てる製品です。カイテキオリゴはビフィズス菌を多く含んでいて、腸内の善玉菌を増やす効果を見込めます。同じように腸内環境改善の効果があるのは乳酸菌ですが、こちらは誰にでも効くものではありません。

そもそも、乳酸菌は日本人にはあまり合っておらず、牛乳を飲んで下痢などの症状を起こす乳糖不耐症の人が多くいます。乳酸菌の摂取が全く無駄になるわけではありませんが、欧米の人と比べると乳酸菌は効果が薄いのではないでしょうか。ビフィズス菌も同様に人によって効果の差はありますが、カイテキオリゴは腸内のビフィズス菌に働きかけるので効果的に善玉菌を活性させられます。